クラスTシャツを作る費用

「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」を製作する場合の配色アイデア

2017年02月17日 18時21分


デザインもさることながら、配色によってセンスが変わってきます。
ここでは、一般的に失敗しない感じに仕上がる配色のアイデアをご紹介しましょう。
 
1番目「ポップ系」の配色です。
Tシャツもデザインも原色同士を組み合わせるとポップな感じに仕上がります。
元気な印象を与えるには反対色を使うことです。
例えば、ブルーとオレンジ・レッドとグリーン・パープルとイエローです。
水色とベージュなどは色の違いが分かりにくいです。元気な印象にはなりません。
濃紺やグレーなどの暗い感じの色も避けましょう。
デザインで遊びたいならば黒のTシャツもいいです。色数が多いと全体的にポップなイメージになります。
 
2番目「力強さやインパクトがある」配色です。
Tシャツの色は黒系などの濃いものがいいです。デザインの色は明るい系で1色か2色です。
色が多くなるとごちゃごちゃします。色の明るさの落差が大きいとインパクトが強いです。
 
3番目「清潔感がありシンプル系」の配色です。
これが「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」の基本かもしれません。
Tシャツは白系やパステル系がいいです。デザインの色は1色か2色。
控え目の配色がキモ。デザインには生地と同じ系統のインクを利用するとまとまりやすいです。
ホワイト系のTシャツに、ベージュ・グレー・水色を組み合わせるとまとまりやすいです。